体の臭いの消し方は

これさえ知っていればOK

 

~においの原因はたった3つだけだった~

 

自分のニオイに気ずかずに放置していると大変なことに

 

自分の臭いが気になっていますよね… 私もそうです! 夏でも冬でも気になる場面がたくさんあります。

誰しも少なからず自分の匂いというものがありますが、それが体臭となると話は変わります。

 

近距離で接する仕事中や暑い日など、周りの人様子がなんだかおかしい… 私臭ってないかな?

 

あまり深刻に悩み過ぎてもストレスにより体臭を悪化させることになりかねませんが

過剰な予防でもしかり… 難しいところです。

毎日の生活の中で気を付けるべき改善ポイントをご紹介してまいります。

 

      目     次

 

  悩みの多い体臭は?

  ずばり消すための3つ対策とは?

  そもそもの原因とは何なの?  

  まとめ 

 

悩みの多い体臭は?

 

      1 わきの下 

    2 足  裏

    3 便  秘

    4 口  腔

    5 頭  皮

    6 加  齢

 

    

 

ずばり消すための3つの対策とは?

 

   1 汗や皮脂は早めに濡らしたタオル     

     (ウェットシート等)で拭き取る

 

   2 細菌の繁殖を防ぐ

 

   3 醗酵臭や酸化を防ぐ

   

 

 

そもそもの原因とは何なのか?

 

1 わきの下

体臭には色々な原因があり正しく対処することが大切です。

汗や皮脂による臭いは、わきの下や足裏、食生活やストレスからの影響により発生します。

汗は汗腺から出るエクリン腺とアポクリン腺の2種類です。

 

臭いの原因となる物質を作るのが、アポクリン腺とこれを分解する皮膚常在菌です。

特に普段汗をかかずに生活していると、少しの汗であったとしても濃縮されたきつい臭いの

汗になってしまうので、体を動かしたりサウナなどに行ったりして、たくさん汗をかいて

改善してみることをお勧めします。

 

また、かいた汗は出来るだけ早く濡れたタオル(ウェットシート)で拭き取ることが大切です。

放置している間に細菌に分解されるので、無臭であるはずのエクリン腺からの汗でさえ

ニオイを発するようになってしまうからです。

耳の後ろから首の後ろ側、わきの下などは仕事の合間に洗面所で拭き取ることをお勧めします。

早く拭き取るほど臭いません。

 

ですが、夏場の汗は拭いても拭いても出てきてしまうので本当に困りもの…

そこで後押しをしてくれる対策を。

臭いを気にせずに過ごせるこちらのデオコは朝一度塗りでもサラサラが続きました。

ロールオンなので付けやすい上に香りがほんのりして心地いいです。

 

デオコ 薬用デオドラント ロールオンタイプ(30mL)【デオコ】

価格:972円
(2019/7/12 00:59時点)
感想(2件)

 

2 足の裏

足の裏も汗がたくさん分泌されるところです。

皮膚常在菌によって皮脂やアカが分解されて臭いが発生します。

救いなのは他の体臭より自分でも感じられる点ですね。

お風呂に入れない日でも寝る前には、足だけは洗いましょう。

 

一番の臭いの元は指と指の間です。こもりやすいため雑菌、細菌の絶好のすみかなのです。

そして古い角質にも細菌が繁殖してきます。

かかとは角質化して硬くなりますから、お風呂に入るたびに簡単でかまいませんので

軽石(100均でも買えます)でやさしくこすってあげると、いつも綺麗に保てます。

 

靴の中の湿気は細菌の好む状態になっていますので、1日おきに靴を履き替える方が良いようです。

また、靴下やストッキングなどは通気性が良くないため臭いをこもらせますね。

 

仕事が終わり夕方頃には靴の中はムンムン…夏場は特に気になります。

みんなと飲みに行きたいけど…足の臭いが気になりますよね。

 

そんな時に、1日履いた靴も周囲を気にせず脱げるのは

 

 

               ワンポイントアイディア

   重曹(100均で買えます)100CC ほどを、袋に入れて(使用済み靴下でもOK)

   こぼれない様に口をとじて靴の中に入れておくと、翌日は臭いも湿気も吸い取ってくれるので

   スッキリ!  2~3か月くらいは使えます。

   その後は洗濯機に振り入れて使えば、臭いとりと柔軟剤の働きがありますので

   捨てないでくださいね。

 

 

3 便 秘

便秘臭もなかなか深い悩みです。誰にでも、いつでも起こりうるからです。

汗や皮脂とともに全身から腐敗臭がでてしまう… 口臭にもつながります。

腸内の便や発酵したガスが体中をまわってしまうのです。

肉類や脂ものを中心とした食生活は臭いの原因にもなります。

善玉菌を増やすために乳酸菌、発酵食品、腸の流れをスムーズするオリーブオイル

水溶性の食物繊維(大豆、大麦、ライ麦、海藻、果物、大根やキャベツ等)をお勧めします。

 

 

4 口 腔

歯周病や虫歯が原因の病気といった口臭は専門の病院での治療が先になると思います。

約9割が口腔内の疾患といわれています。虫歯は風邪などとは違って自然に治ることは

ありません。定期的にクリーニングなどもしてもらえるので早めの治療をお勧めします。

 

朝起きた時、ダイエットなどで食事を摂っていない時、

緊張した時などに起こる生理的な原因での口臭は唾液の分泌量が減っているためです。

口の中は、体の時と違い乾燥すると細菌が繁殖するのです。

唾液をたくさん出すようにすることで改善が期待できます。

食事を摂る際、硬いものを良く噛むことが大切です。

昨今、柔らかい物の方が美味しく感じたり、食感が良い為、硬いものを好んで食べることが

減ったように感じますね。

 

最近はリンゴジュースのポリフェノールが良いと言われていますので

私は食事の後に飲むようにしています。

 

エクストラバージンオリーブオイルもグー!

口臭は乾燥すると菌が発生しましたね。

歯周病菌は歯周ポケットから血管に入り毒素を全身に回してしまう怖い病気です。

 

細菌の繁殖を抑えるオリーブオイルは、汚れを落ちやすくし歯や舌をコーテイングします。

歯ブラシでは届かない口内や歯茎の隙間まで入り込み、汚れを吸着し磨き残しによる

口臭や歯周病予防、口内炎の改善にも期待が出来るようです。

 

そこでお勧めのオリーブオイルの「オイルプリンク」をやってみましょう。

歯磨き後にオリーブオイルをスプーン1杯ほど口に含み、「クチュクチュ」とうがいをします。

吐き出しても良いですが、飲み込んでも大丈夫、細菌は胃酸がやっつけてくれます。

オリーブオイルはお通じにも良いので、私は飲み込んでいます。

タバコやアルコール、ニンニクなどのニオイのする食物による口臭にも試してみて。

 

オリーブオイルは慣れると美味しく感じますが苦手な方や

昼間はオイルは無理という方もいらっしゃいますよね…

 

そんな時には便利なサプリメントに頼ってもいいでしょう

植物成分配合のなた豆や、圧倒的な消臭力が期待できるマッシュルーム

抽出エキス、柿渋、米胚芽や大豆などを醗酵させて作ったこちらが

お勧め

飲んでよし!噛んでよし!舐めてよし!お口のエチケットサプリ

 

5 頭 皮

 

体の中でも皮脂が多い場所なので、時間と共に酸化し嫌な臭いを発します。

皮脂は取り過ぎると分泌する量が増えてしまうと言う仕組みになっています。

また、生乾きの状態で放っておくと雑菌が繁殖し臭いを増してしまいます。

シャンプーの仕方次第では、たとえ質の良いシャンプーを使っていても

効果が発揮されないでしょう。

         シャンプーのコツ

1 洗髪前に軽いブラッシング ~ 皮脂汚れを落とし易くする

2 お湯の温度を38~42度 ~ 皮脂分泌を抑制する

3 シャンプー前にお湯で洗う ~ 有効成分を浸透しやすくする

4 シャンプーは泡立てる   ~ キューティクルや頭皮を保護する

5 頭皮を指の腹で揉むように ~ 摩擦から頭皮を保護する

6 後頭部が一番汚れている  ~ 耳の後ろ、襟足も臭いがでやすい

7 シャンプーが残らない様に ~ 頭皮かぶれやフケの原因となる

 

         ドライヤーの掛け方

1 タオルドライで水分を取る ~ ドライヤーの時間を短縮

2 すぐにドライヤーをかける ~ 雑菌が増える前に乾かす

3 ドライヤーは軽く振りながら ~ 同じ場所に2秒以上あて続けない

 

 

ひと手間かかりますがこれらを併用してシャンプーに助けてもらうほうが効果が期待できますよね。

夏場はとにかく汗をかきますから、放置している時間が長いので心配です。

薬用シャンプーは消臭効果が高く即効性もあって長続きします。

アミノ酸系の頭皮に優しい物が良いと思います。

——————————————————————持田製薬グループが開発した”頭皮のニオイ”に本気で応える、日本初の消臭有効成分配合のシャンプーです!頭皮のニオイを防ぐ緑茶乾留エキスに頭皮のニオイの発生を防ぐオクトピロックス、さらにフケ・かゆみを防ぐミコナゾール硝酸塩を配合!3つの有効成分が頭皮のニオイに多角的にアプローチします。洗髪直後からニオイ発生を抑え、24時間後も消臭を実感!この実力をぜひお確かめください!——————————————————————–

 

 

 

6 加 齢

歳をとり増えてくる脂肪酸が皮膚常在菌により分解、酸化することで

脂臭いニオイを出します。

一般的に40歳を過ぎたころから感じ始める臭いがこの加齢臭と言われますね。

 

加齢臭は、ボディソープなどで皮脂を洗い落とさなければ臭いが消えませんが、

硬いナイロンタオルなどでゴシゴシ擦っては逆効果です。

皮脂だけでなく角質まで落とし過ぎてしまいます。

角質をはがしてしまうと乾燥肌への原因にもなり体臭につながります。

 

手のひらを使って優しく撫で洗いすることをお勧めします。

肌を傷つけずに皮脂や角質を守ってうるおいを保てます。

さらに、耳の後ろや指の間の細かいところまで、しっかり指をいれて汚れを落とせます。

 

今や私も手のひら洗い派です。

ゴシゴシ洗いをやめてから、肌はしっとりして、ボディローションは付けなくなりました。

 

夏場の臭いが気になる季節にはやはり薬用のボディソープは必須です。

今話題の大人女性に人気のある、ボディクレンズをご存知ですか?

 

ニオイの元になっているニオイ菌を殺菌してくれる優れものです。  

 

ロート製薬 Deoco 薬用ボディクレンズ 350ml

価格:857円
(2019/7/10 23:29時点)
感想(0件)

そして年齢と共に減少してしまう香りを補ってくれます。

 

真っ白なボディソープにはカオリンという粘土質から作られている

天然のクレンジングパウダーが配合されています。

 

皮膚のくすみや汚れを吸着し取り除いて、

しかもお肌を乾燥させない上、スベスベにしてくれるので手放せなくなりました。

                             

 

そうは言っても、半年に1度くらいは大好きな韓国式アカスリに行きますね…

やはり刺激は気持ちがよくてスッキリするので。

肌が弱い方にはお勧めできませんが、限度を見極めてたまには刺激するのはありではないでしょうか。

 

 

ま と め 

 

菌と汗と時間が臭いの原因

皮膚の常在菌によって皮脂が分解され、時間と共に酸化し臭いが生じて強くなって行く。

仕事の合間にもウエットシートを使って耳の後ろ、首、わきの下はこまめに拭き取る。

 

皮脂は取りすぎると過剰に分泌されるので、体、頭を洗うときには強い刺激を与えないように注意する。

消臭効果のあるグッズなどを併用しても、自然とのバランスを保てるようにすると良い。

 

菌にも善玉菌と悪玉菌、日和見菌(腸内細菌)とがあり、すべての菌が悪いとは言えません。

特に便秘臭については他の体臭と違い、この菌がとても重要になってきます。

身体を作る物は食べ物です。

腸内環境のバランスをとることも大切ということになりますね。

 

人が感じる五感の内、一番感情を左右するのは匂いなのだそうです。

 

自分が臭いの元にならないよう日々思考錯誤しておりますので

また有益な情報をお知らせ出来る様に頑張ります。

 

楽天市場やYahoo!ショッピングの買い物でWポイント♪

 

             

   サイト運営者のミッチと申します。  

    自分の経験を通してお伝えできればと

    思っております。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    良い一日でありますように♡

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー |

Copyright (C) 2019 日々の想い  All Rights Reserved.